湖北

■湖北地域介護サービス事業者協議会


事務局/〒529-0536 滋賀県長浜市余呉町池原85番地
TEL 0749-86-4100 FAX0749-86-4101

トップ > 湖北地域介護サービス事業者協議会規約

■湖北地域介護サービス事業者協議会規約
    印刷用

(設置)
第1条 長浜市、米原市において住民が安心して介護サービスを利用することができるようサービスの質の向上を図るとともに、自分に適したサービスを利用することにより、自立した日常生活を営むことができるよう湖北地域介護サービス事業者協議会(以下「協議会」という。)を設置する。
(目的)
第2条 協議会は、介護サービスに関する情報交換、情報の共有、調査研究等をおこなうことにより、事業運営の課題解決を図るとともに、利用者の立場に立った質の高い介護サービスを提供することを目的とする。
(事業)
第3条 協議会が行う事業内容は、次のとおりとする。
(1)介護サービス事業者間、医療機関をはじめ、関係する機関との連携、情報交換に関すること
(2)被保険者からの苦情処理の事例を通じた研修に関すること
(3)介護サービス計画等の事例を通じた研修に関すること
(4)その他介護保険被保険者が利用するサービスの質の向上に関すること
(5)介護保険事業計画の推進に関すること
(6)その他必要な事項
(組織)
第4条 協議会は、長浜市、米原市の介護保険被保険者にサービスの提供を行う次の事業者(以下「会員」という。)をもって組織する。
(1)指定居宅サービス事業者
(2)指定施設サービス事業者
(3)指定居宅介護支援事業者
(4)基準該当居宅サービス事業者
(5)基準該当居宅介護支援事業者
2 入退会しようとする事業者は、所定の届を会長あて提出しなければならない。
3 役員会において次に該当すると認められた場合は、退会したものとみなす。
(1)会費を長期にわたって納付しなかった場合
(2)事業所の指定を取り消されたとき
(3)その他役員会で認めた場合
(役員)
第5条 役員の選出は、下記の通りとする。
(1)会長1名、副会長2名、事務局長1名は互選により選出し総会において承認を得る。
(2)各専門部会に2名の代表者を選出し、各専門部会長及び副部会長を互選により決定する。
(3)監事は、各専門副部会長の中から2名を互選により選出し総会において承認を得る
2 会長は、会務を総括する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。会長を代理する副会長は、副会長間の互選によって定める。また、各専門部会の調整を図ることとする。
4 各専門部会長は、各専門部会を運営する。
5 各専門副部会長は、各専門部会長を補佐し、部会長に事故あるときは、その職務を代理する。
6 監事は、協議会の事業および会計を監査する。
7 役員の任期は2年とし、再任はこれを妨げない。
(オブザーバー)
第6条 協議会にオブザーバーを置く。
2 オブザーバーは、湖北健康福祉事務所、長浜市、米原市の介護保険担当職員及び医療関係者とする。
3 オブザーバーは協議会の運営が円滑に進むよう支援する。
(総会)
第7条 総会は、会員をもって構成する
2 総会は、次の事項を議決する
(1)事業計画に関する事項
(2)予算及び決算に関する事項
(3)役員の承認による事項    
(4)その他協議会の運営に関する重要な事項
3 総会は、定期総会と臨時総会とする
(1)定期総会は、毎年1回開催する
(2)臨時総会は、役員会が必要と認めたとき開催する
4 総会は、出席者の過半数により議決し、可否同数の時は、議長の決するところによる
5 総会の議長は、総会に出席した会員の中から互選により選出する
(役員会)
第8条 役員会は毎年年度当初と年度末、および、会長が必要と認めたときに開催する
2 役員会の構成は、協議会の役員で構成する
3 役員会の議長は、会長が務める
4 役員会は、次の事項を審議する
(1)事業計画に関する事項
(2)事業の執行に関する事項
(3)予算、決算に関する事項
(4)その他会長が必要と認める事項
5 オブザーバーは、役員会に出席して意見を述べることができる
(専門部会)
第9条 協議会の事業を専門的に進めるため、次の専門部会を置く
(1)訪問介護訪問入浴部会(訪問入浴介護)
(2)訪問看護部会(訪問看護・訪問リハビリテーション)
(3)通所サービス部会(通所介護・通所リハビリテーション)
(4)入所サービス部会(施設・短期入所生活介護・短期入所療養介護)
(5)グループホーム部会(認知症対応型共同生活介護)
(6)介護支援部会(居宅介護支援)
(7)福祉用具部会(福祉用具貸与)
(8)小規模多機能部会(小規模多機能型居宅介護)
2 前項に掲げるもののほか、必要に応じて専門部会を置くことができる。
3 専門部会長は専門部会に所属するものの中から、世話人を指名選出することができる。
(経費)
第10条 協議会の経費は、年会費、負担金およびその他の収入をもって充てる。
(会費)
第11条 会費は年単位とし、次により算出された合計額とする。 基本額1法人につき9,000円
1 サービス事業所ごとの加算額  1,000円
ただし、繰越金が年度会費収入を超える場合は、役員会に諮って次年度基本額を一部減額した金額で徴収することが出来る。
2 年度途中に入会する者にあっては、半期以上の場合は満額とし、半期未満の場合は半額とする。
3 年度途中に退会する者にあっては、既納の会費については返還しないものとする。
(会計年度)
第12条 協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。
(事務局)
第13条 この規約に定める事務を処理するため、事務局を置く。
2 事務局は、協議会全体の事業の運営にかかる事務を行うと共に、各部会の運営状況を把握し、その調整を行う。
(その他)
第15条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営について必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

附則
この規約は、 平成18年 4月 1日から施行する
       平成19年10月 5日改定
       平成22年 1月 1日改正
       平成23年 4月22日改正
       平成24年 4月20日改正
       平成28年 4月18日改正
       平成29年 4月21日改正

ページのトップへ戻る